明確に診断できる光トポグラフィー検査|症状知って確実に治す

笑顔の女性

新しい診断方法

医者

光トポグラフィー検査を用いると、うつ病などで現れる特徴的な脳の血流状態をチェック出来ます。そのため病気の区別をある程度つけることが可能です。光トポグラフィー検査は特殊な装置を頭につけ、近赤外光を用いて血流状態を調べます。

View Detail

最新のうつ病検査

頭を押さえる女性

うつ病は判断が難しい病気ですが、今後は最新の検査方法である光トポグラフィー検査が増えていき、早期発見が可能になると予測されます。知っておきたいのが光トポグラフィー検査はうつ病だけでなく他の精神疾患を検査することもできるという事です。

View Detail

精神疾患の診断

窓

鑑別診断の補助

光トポグラフィー検査というのは、精神病の明確な診断をサポートするためのもので60%から80%という高い確率で、診断自体が難しく誤診も多いうつ病や双極性障害、統合失調症などの情報を手に入れてより正確で適切な診断に役立てることが出来る検査のことである。光トポグラフィー検査は、近赤外線スペクトロスコピィとも呼ばれ、近赤外線の光を利用するが、曇りの日の光よりも弱い為危険性は低く、誰でも安心して検査が受けられるのである。光トポグラフィー検査の流れは、病院を受診後、心理検査などをした後で機械を頭に当てて質問に答えるという形で脳を働かせるのである。物を考え、答えるという動作で脳を働かせた時の脳の血中のヘモグロビン濃度の動きを光を使いながら測定するのである。光トポグラフィー検査自体は20分くらいあれば終わるもので、検査には精神的な苦痛も身体的な負担も全くないため、どんな患者でも気軽に受けられる検査として多くの医療機関で実施されている検査の一つなのである。

保険適用で受けられる

もともとは、光トポグラフィー検査は自費検査で一度の検査で1万数千円という費用を全て自己負担しなければならなかったのである。現在では、保険適用となり一度の検査で4千円に税をプラスした金額だけ自己負担すれば良いことになっているため以前と比べ自己負担額が三分の一に減ったため金銭的にもより検査を受けやすくなったのである。検査の効果は100%ではないため、検査を受けてから診断することで必ずしも適切な診断が下されるとは限らないが、それでも高い確率で正しい診断につなげる可能性は広がるのである。現段階で、うつ病と診断されていて投薬や治療を続けているのにもかかわらず治りが良くない、そもそもうつ病ではなく双極性障害なのか、統合失調症の可能性もあるのかなど、患者本人の症状を医師に伝えるだけでは困難を極めるのである。最初はうつ病でも、そこから双極性障害になったり他の病気を併発している可能性も考えられるのである。曖昧になりがちな診断に役立てるためには重要な検査の一つとなっているのである。

うつを客観的に診断

男性の医者

うつ病は、一般的に知られるようになってきましたが、その概念はあやふやになってきていてます。うつ病になると、精神症状では抑うつ気分になったり不安になったりします。身体症状では、不眠症や食欲がなくなったりします。光トポグラフィー検査は、近赤外光を用いて行ううつ病を客観的に判断する検査です。

View Detail

精神疾患の検査

病院

光トポグラフィー検査は客観的な根拠として活用することが出来るため、治療を受ける上でも安心感が得られます。医師との信頼関係も築きやすくなり、現在人気です。病気の最終的な診断は、医師が行なうのが常であり光トポグラフィー検査の結果は参考程度に留めるのが良い方法と言えます。

View Detail

心の病の治療

看護師

うつ病などの心の病の状態を数値化することができる検査方法があります。それは、微弱な近赤外光を使用する光トポグラフィー検査です。光トポグラフィー検査で得られる脳の血流量変化データを見ることよって、より精度の高い診断が下せるようになります。

View Detail