明確に診断できる光トポグラフィー検査|症状知って確実に治す

男性

心の病の治療

看護師

心の病気の可視化

身体症状が表に現れる病気にかかっている場合、本人だけでなく周囲の人もそれをはっきりと目で見ることができるので、ある意味でとても便利です。しかし、心の病の状態を第三者が目で確認することはできません。患者の心の中で発生する病気ですから、従来は医師の問診のみで診断を下されるのが当たり前になっていました。しかし、問診によって収集することができる情報は、患者の主観というフィルターを通過した情報だけです。そのため、どうしても情報が偏りがちになってしまいます。客観性に欠ける不十分な情報を元に診断を下すことになりますから、正確な診断を下すことがとても難しく、的はずれな治療が行なわれてしまうケースがしばしばありました。しかし、近年になり、脳の活動を可視化する計測技術が開発されました。その技術を活用しているのが、光トポグラフィー検査です。光トポグラフィー検査は、微弱な近赤外光を使って、大脳皮質部分の血流量の変化を画像化する検査です。血流量の変化パターンを可視化することによって、患者がかかっている心の病の種類を特定することができるようになります。

どのような検査なのか

光トポグラフィー検査では、患者の頭部に近赤外光をあてる装置を取り付け、脳の前頭葉の血流量の変化を測定します。頭に装置を取り付けた状態で医師が患者に簡単な質問をし、その回答を考えている時に患者の脳の血流量がどれくらい変化するかを波形化します。この波形パターンは、大きく4種類に分類されます。それは、健常パターン、うつ病パターン、双極性障害パターン、統合失調症パターンの4種類です。それぞれが典型的なパターンとなっているため、光トポグラフィー検査を実施することによって、心の病の診断を下しやすくなります。ただし、光トポグラフィー検査の結果だけで最終診断が下されることはまずありません。人間の脳のメカニズムが完全に解明されているわけではありませんので、光トポグラフィー検査の結果は、診断を下すための一資料として利用されるだけになります。とはいえ、検査データが数値化されるため、より的確な診断を下すことが可能になります。また、患者自身が自分の病気を客観的に見ることができるようになるというメリットもあります。