明確に診断できる光トポグラフィー検査|症状知って確実に治す

男性

うつを客観的に診断

男性の医者

うつとは何か

現代ではうつ病は珍しくなく一般に認知されるようになってきたことから、精神科を訪れるのも昔ほどためらいがなくなり、早期のうちに治療できるようになってきています。しかしうつ病という言葉が世間に知られるにつれて、その概念もあやふやになりうつ病かどうかの定義もわかりにくくなっています。うつ病は精神障害の病でありますが脳の働きも関わっていると言われており、その原因ははっきりしていないのです。精神症状と身体症状があって、精神症状は抑うつ気分が出たり、不安になったり虚無感を覚えたりということが起こります。身体症状については、眠れない、食欲がないなどの自律神経症状が現れたりします。うつ病になるとそれらの精神症状と身体症状が混合して出現するのです。日本では約100万人の男女がうつ病に罹っていると言われていて、男女の比率は1対1の割合です。そしてうつ病を客観的にグラフなどで判断できる検査として、光トポグラフィー検査が注目を集めているのです。光トポグラフィー検査は、頭部の血流を近赤外光で測定する安全性の高い先端医療検査です。

診断の正確性

光トポグラフィー検査で判別できるのは、健常、うつ病、躁うつ病、統合失調症などで検査の前の問診と検査結果から診断していきます。光トポグラフィー検査は害のない近赤外光を用いて行う検査なので、副作用もなく危険性はない検査です。光トポグラフィー検査によって正確な診断を行うことができるので、効果の高い治療方法が見つかることがあります。光トポグラフィー検査を行うには、電話や予約フォームから予約します。予約がとれたら来院してスタッフの面談を受けます。次に症状の確認や医師やスタッフから光トポグラフィー検査の説明を聞きます。装置を頭部に固定してボードによる検査手順の説明を受けます。課題はランダムに出されて、質問に対して言葉を考えたとき、大脳の血液の量の増加を波型で見ていきます。そして医師による検査の結果について説明を受け、磁気刺激治療を適用するかどうか判断し、磁気刺激治療の詳しい説明を聞きます。検査や診察にかかる時間は、3時間ぐらいで終わり医師との話し合いで検査を受けた日からでも磁気刺激治療を開始することもできます。検査結果については、検査当日に知ることができます。